読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女将マニアックス

はてなダイアリーから移行しました。今後ともよろしくお願いします。

ご来訪ありがとうございます。あなたは通算 番目のお客様です。

マーラーフィルハーモニー管弦楽団 第一回演奏会

f:id:kyoro99:20130204090306j:plain
昨夜は友人の乗るマーラー交響曲第9番の演奏会へ。渋谷の大和田さくらホール。「本当に好きな人が自腹でホール借りてやってます、お客さんも内輪だから入場券無しで時間になったら入ってもらいます、前プロ無しでこの曲しかやりません」っていうのはなかなかキッパリしてていいですな。
私のような楽器素人が聴いてもすぐに分かるほどの腕の良さを皆さんお持ちで(そりゃ私の友人が気持ちよく吹ける訳だ)、大好きなこの曲のそこかしこで素晴らしい音色を聴かせていただきました。悶絶もいいところ。
ただ、これだけこの曲の好きな腕っこきが集まっていても、やっぱり難しくて大変な曲なんだなぁと感じたのも事実です。あともうちょっとアンサンブル詰められたら良いのになぁという箇所があるのも、これもまぁ内輪の演奏会だから仕方ないのかな。(1楽章の長いフルートソロと絡むアンサンブルが、そんなわけで、残念でした)
でも4楽章後半の管アンサンブルはそれこそ大悶絶。素晴らしかったです。フィナーレもよかった。死に絶えゆき過ぎて音切れの後のパウゼがどこまで続くのかと冷や冷やしましたが(笑)
…で、個人的には、大好きなこの曲を実演で聴いたのが実は今回が初めてだったりします。お恥ずかしいことに、「うわ、ファゴットの弱音器って初めて見た!」とか「えー、クラリネットのベルを客席に向ける奏法ってあるんだ!」とか、「げげっ、ここってコンバス弾いてないんだ!チェロとチューバのみ?!」とかとかとか、いろいろな発見があって楽しかったです。今度スコア読んでみようと思います。
Oツキさん、誘ってくれてありがとう!(終演後、ステージ上の奏者に直接差し入れ渡したのも初めてかも(笑))